風俗に現役AV女優がいた

自転車で行くんですよ

風俗は自転車で楽しみます。大人としてどうなんだろうって思っていた時期もありましたけど、お店の外のことまであれこれ言われるのもおかしいというか、ホテルまでの足だったり、あるいは風俗店まで自転車で行ける距離なのでそれでいいかなって。それぞれ風俗のスタイルって自由だと思うんですよ。会社帰りに楽しんでいるという人もいると思いますし、休日に楽しんでいるという人もいるでしょう。あるいは自営業の人であれば昼間からって人もいると思うんですけど、どれも間違いではないし悪いことでもありません。ということは、自転車でお店まで行くのも間違いではないんじゃないかなと(笑)駐輪場が用意されている風俗店は少ないので、そこだけは気を付けますけど、お店の中に入ったら何で来たのかなんて関係ないじゃないですか。運動不足解消のためにも割と良いんじゃないかなって思いますので、自分の中で風俗は自転車で楽しむものになりつつありますね(笑)

オナニーの限界に気付いてしまった

オナニーは男にとっては身近な性欲の捌け口というか、まぁちょっとしたスペースがあれば出来ちゃうものだし、それこそ自分の頭の中でイマジネーションを膨らませているだけでも抜けるものなので、男でオナニーをしたことがないって人はなかなか見かけないと思うんですけど、その一方でオナニーには限界があるなと言う気持ちも出てきているんですよ。というのも、オナニーが気持ち良さではなく、消化というかそんな気持ちになってしまうケースが見られるんですよ。そんな時は自分でも、これはもう無理だろうなって気持ちというか、もはやオナニーでは限界で、本当の意味での欲求不満を解消するためには風俗に行くしかないだろうって気持ちになるんです。そこで風俗の出番ですよ。オナニーでは無理だったことも、女の子が抜いてくれる風俗であれば何も問題ありません。むしろ風俗で女の子に抜いてもらわない限り、本当の意味での欲求不満の解消は有り得ないのかなって。